• TOP
  • 特集記事
  • 「真・三國無双」のプレイレビューをお届け!これぞスマホの真・一騎当千バトル!シリーズの醍醐味である多数の敵をなぎ倒す爽快感をスマホで味わえる!

2021年03月08日 17:00

【編集部プレイレビュー】これぞスマホの真・一騎当千バトル!シリーズの醍醐味である多数の敵をなぎ倒す爽快感をスマホで味わえる!

Alt
本記事では、配信前の『真・三國無双』を一足先にプレイさせていただき、爽快感抜群のバトルや新たに書き下ろされたストーリーなど、気になるゲームシステムを紹介していきます!

「真・三國無双」シリーズの醍醐味である爽快感抜群のバトルをスマホで味わえる!

「真・三國無双」シリーズといえば、やはり爽快感抜群の一騎当千バトル!本作ではスマホ最高峰のビジュアルで、ド派手なアクションが飛び交う迫力のバトルが表現されています!
Alt
【操作方法】

①:移動パッド

②:交代可能な仲間将星

③:操作中の将星のステータス

④:通常攻撃ボタン

⑤:スキルボタン

⑥:オートプレイやカメラ操作

画面左側の移動パッドをスライドすることで移動を行い、画面右側の攻撃ボタンやスキルボタンをタップすることで敵を攻撃します。回避や無双乱舞の発動などもお手軽操作で簡単にプレイできます。
Alt
バトルに参加する際、部隊に3人の将星を編成します。ここで編成した3人の将星はバトル中に交代可能となっています。操作中の将星がピンチになった時や、相性などを考えて交代を戦略的に使いましょう!

バトルに同時参加するパートナーと一緒に放つ「激・無双乱舞」や、劣勢を覆すカウンター、強力無比な一閃など様々なアクションが実装されていますが、どれも条件を満たせばタップ一つで簡単に発動できます。

強力な敵武将との戦いでも上記のようなアクションを駆使することで有利に戦えます。敵武将を倒せば、シリーズでもお馴染みの「敵将、討ち取ったり!」も聞くことができます!

武将たちにスポットを当てた書き下ろしのストーリー

Alt
本作には、武将たちにスポットを当てた書き下ろしのストーリーが収録されています。

主人公であるプレイヤーは、人間でありながら仙界で育ちましたが、戦乱の世を治めるために傭兵として旅立つことになります。星を招く力を身に付けた主人公は、三国武将の「将星」を率いて様々な戦闘に介入します。
Alt
お馴染みの武将たちとの会話もあり、戦場で一緒に戦うこともできます。ストーリーが進行すると、共に戦った劉備たちと次の戦場で敵対することもあり、様々な人間模様がドラマティックに展開していきます。
Alt
バトル前のストーリーでは「ルート分岐型シナリオ」が実装されており、複数回行われるバトルにおいて、先にどの戦場から戦うか、強敵の戦場は敢えて戦わずに総大将のみ狙うなど、戦略性の高いバトルが楽しめます

将星を育成して戦場で大活躍させよう!

Alt
Alt
歴代シリーズに登場した武将たちが将星として参戦しており、将星を育成することで様々なステータスがアップしたり、新たなスキルを習得することができます。

将星は編成して戦場に連れていくとクリア時に得られる経験値でレベルアップします。また、専用のアイテムを使うことでもレベルを一気に上げることができます。

その他にもレベルの上限をアップさせたり、装備アイテム「将星の記憶」をはじめ、武器や名品、二つ名など、多彩な要素が実装されており、収集や育成のボリュームは満点です!

さいごに

Alt
Alt
今回本記事でのゲーム紹介は横画面で行いましたが、本作は縦画面でも遊ぶことが出来ます。じっくり遊びたい時は横画面で、サクッと遊びたい時は縦画面やオートなどを使うといったように、自分に合ったプレイができます。

爽快感抜群のバトルやストーリーの進行もスマホで遊びやすいように丁寧に作り込まれており、シリーズのファンも、これから始めて遊ぶ方も楽しめるようになっています!

現在事前登録受付中ですので、気になった方は是非事前登録をして配信を待ちましょう!


(※今回紹介した画像・動画・文中の名称やスキル内容は開発中のデータとなりますので、配信後は変更されている可能性もあります。参考までにお考え下さい。)

その他の記事

週間ランキング

週間ランキング

予約トップ10とは?

予約トップ10では、App StoreやGoogle Playにリリースされる前の新作ゲームやアプリの情報、iPhone・Androidで遊べるブラウザゲーム、人気アプリの新着イベント・アップデート情報などを多数公開しています。予約トップ10は、無料でご利用いただけます。

もっとみる

予約トップ10Androidアプリ

Androidアプリ

ダウンロードはこちら

開発者様向け

開発者様向け

ご利用方法はこちら

Twitter

top