予約トップ10

iOS

源平争乱編(英傑の日本史)

NOWPRODUCTION, CO.,LTD

価格:
¥400

アプリをダウンロード

ダイナミックに歴史を解読!
源義経・平清盛・源頼朝・北条政子・・・。
日本史上有数の大変革期を戦った源氏と平氏の生きざまから、定説からは見えてこない歴史をダイナミックに読み解く、大好評シリーズ!
―――――
※本文抜粋※

◆源 義経
【天才的武将、その生涯は謎】

源義経が生きた平安時代末期から鎌倉時代初期というのは、まさに日本史上有数の大変革期であった。
そうした大変革期には、時代の流れを急速に変える人間が必ず出現する。
人はこれを「英雄」と呼ぶ。
後から歴史を振り返ると、まるで「歴史の神」が世の中を変えるためだけに送り出したとしか思えない人間が、必ず歴史に登場するのだ。
それが義経であり、鎌倉幕府の創設者でもある、兄の頼朝なのである。

しかし、義経は単に英雄であるだけではない。日本史上初めてと言っていい「アイドル」でもあった。
あたり前の話だが、英雄は必ずしも人気者であるとは言えない。
英雄のアレキサンダーも、国を滅ぼされたペルシャ側から見れば、憎みても余りある父祖の仇でもある。

ところが、義経は敵にも味方にも愛された。
特に滅ぼされた平家の人々にとっては、義経は仇敵のはずだったが、そうした恩讐を越えて義経は不動の人気を保っている。
このあたりに「ヒーローにしてアイドル」という、他に類例を見ない義経の人間像を解く鍵があるのだろう。
実は、義経の生涯は多くの謎に満ちている。

◆平 清盛
【武士はケガレた存在】

日本の歴史の中で平家というのは完全な悪役であった。
皆に嫌われ、滅ぶことを期待された。
だからこそ本当にそれを実現した源義経は大ヒーローになったわけだが、なぜ平家はそこまで嫌われたのか?
一言で言えば、それは開拓者(パイオニア)の悲劇である。

後の時代に「あたり前」になったことでも、最初にそれをやった人間は、往々にして非難される。
そして、ひどい話なのだが、その「初めてやった」という功績も忘れ去られる。
それが歴史の法則なのだが、それゆえにわれわれ後世の人間は、冷静に公平にそうした功績を評価しなければならない。

では、平家は、その総帥である平清盛は一体何をやったのか?
「初めての武家による政治」である。
「初めての武家政治」ではない。
おわかりだろうか?
「武家政治」というのは「武家による武家のための政治」のことだ。
これは源頼朝が実現した。

清盛が実現したのは、その前段階として「朝廷政治を武家が行う」ことであった。
ややこしくて恐縮だが、会社にたとえれば、清盛は「同族会社」である「日本朝廷株式会社」において、初めて「社長の一族」ではない労組出身の身でトップに立ったのであり、頼朝は会社を辞めて独立し「日本幕府株式会社」を作ったということなのである。

―――――
※本書は角川学芸出版・平成20年9月25日発行「英傑の日本史 源平争乱編」のiPhone/iPadアプリ版です。

予約トップ10とは?

予約トップ10では、App StoreやGoogle playにリリースされる前の新作アプリの情報や人気アプリの新着イベント情報を公開しています。 予約トップ10は、無料でご利用いただけます。

Download

Facebook

Twitter

FacebookページとTwitterで、新作アプリの予約受付開始などをお知らせしています。 予約特典を逃したくない方は是非フォロー下さい!

support

Media Partners