予約トップ10

Android

ZOMBIES IN THE DARK MAZE

Jacob Honda

価格:
無料

アプリをダウンロード

このアプリの開発者は、安心・安全なアプリの開発者であるとしてアンドロイダーの公認デベロッパーに認証されています。

https://androider.jp/developer/c51dc020091ea88c4c857af154c842a1/

倒すべきか?逃げるべきか?あなたのゾンビ対応力が問われる「ZOMBIES IN THE DARK MAZE」の世界へようこそ!!

プレイヤーの目的は自機のロボットを操作し、迫りくるゾンビをかわしながらステージ迷路内のどこかにある「鍵」を手に入れ、ときに迷路に迷い込んでしまった人たちを救助しながら出口のドアまでたどり着き、迷路を脱出することです。

操作は画面に表示されているバーチャルジョイスティック/ボタンで行い、プレイ中画面上部中央に表示されている「PAUSE」ボタンをタップするとゲームを一時中断してそのままゲームを続けるか、放棄するかを選択できます。その他ゲームの基本的なルールについてはタイトル画面から「HOW TO PLAY」をタップして確認することができます。

さて「ZOMBIES IN THE DARK MAZE」の各ステージはそれほど広くありません。
というか、実のところかなり狭いため、ステージクリアに必要な鍵や出口のドアは簡単に見つかります。ただロボットを脱出させるだけならおそらく1分もかからないでしょう。

しかし「迷い込んでしまった人たち」を全て救助してのクリアとなると話は別です。
(もちろん、彼らを見捨てて自分だけ脱出するというのもひとつの選択肢ではありますが、その場合にはステージクリア時の評価が下がります)

と、言いますのも、ロボットは「ピストル弾」を撃ってゾンビを倒すことができるのですが、全てのゾンビを倒すほどの「ピストル弾」をロボットは持ってはいません。ステージによっては「緑色のクルクルまわる箱」をゲットしてピストル弾を補充することができますが、やはり全てのゾンビを倒すほどのピストル弾は手に入れることはできません………。

しかも、ゾンビ達はピストル弾の発射音を聞くと一斉に集まってきてしまいます。多くのゾンビに囲まれてしまった場合、それはほとんどゲームオーバーを意味します。さらに、運悪くゾンビ達の移動経路に「迷い込んでしまった人たち」がいた場合、彼らはおそらくお亡くなりになってしまうでしょう。

なので、このゲームでは状況に応じて、単純にピストル弾を撃ってゾンビを倒す以外の方法で、何とかしてゾンビをやり過ごす必要があります。

ここで、いくつかの重要なゾンビの習性について説明をしておきましょう。

・ゾンビはロボットが視界に入ってもある程度の距離に近づくまで追いかけてきません。
・また、ゾンビはロボットを追いかけている最中でもある程度ロボットとの距離が離れるとあきらめて立ち止まります。

そう、つまりこのゾンビの習性を利用して、ときに慎重に、ときに大胆にゾンビに近づいたり離れたりを繰り返し、ゾンビを狙った位置に誘導してやれば、うまいこと邪魔なゾンビをやり過ごすことができ、全ての「迷い込んでしまった人たち」も助けることができ、万事OK!!というわけです。

………よろしいでしょうか?もちろん、「ピストル弾を発射すると全てのゾンビが一斉にその場に集まってくる」という習性も忘れてはいけませんよ?

ステージクリア時にはクリア時間、救助者数などに応じて評価ランクが決定され、表示されます。全てのステージで評価Aがとれるようがんばってください!!

尚、このゲームでは以下のサイトから素材をお借りしました。

フリー・無料の音楽素材「甘茶の音楽工房」
http://amachamusic.chagasi.com

TAM Music Factory
http://www.tam-music.com/index.html

音楽素材/魔王魂
http://maoudamashii.jokersounds.com/

無料音楽素材 煉獄庭園
http://www.rengoku-teien.com/

それでは「ZOMBIES IN THE DARK MAZE」をお楽しみください!!

予約トップ10とは?

予約トップ10では、App StoreやGoogle playにリリースされる前の新作アプリの情報や人気アプリの新着イベント情報を公開しています。 予約トップ10は、無料でご利用いただけます。

Download

Facebook

Twitter

FacebookページとTwitterで、新作アプリの予約受付開始などをお知らせしています。 予約特典を逃したくない方は是非フォロー下さい!

support

Media Partners